WEBフォントの使い方

CSS3の@font-faceでフォントファイルを指定

@font-face {
font-family: 'フォント名';
src: url('フォント名.eot');
src: url('フォント名.eot?iefix') format('eot'),
url('フォント名.woff') format('woff'),
url('フォント名.ttf') format('truetype'),
url('フォント名.svg#webfontjSpbZQRv') format('svg');
}

CSSでフォントを適応させる

h1 {
    font-family: 'フォント名';
}

@font-face{
font-family: 'rmp1c-m';
src: url('../fonts/rounded-mplus-1c-medium.eot'); /* IE9以上用 */
src: url('../fonts/rounded-mplus-1c-medium.woff') format('woff'), /* モダンブラウザ用 */
url('../fonts/rounded-mplus-1c-medium.ttf') format('truetype'); /* iOS, Android用 */
font-weight: normal;
font-style: normal;
}

h1 {
font-family: 'rmp1c-m';
}
参考

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを入力するためにはログインが必要です。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL